2010年06月08日

使用レポ「サイクルトレーラー」トーホー工業

只今大阪府内、走行距離は1200キロ超えました。

CDやT-SHIRTが順調に売れているので、新宿の事務所から本日補充便が届くはずなのですが、こうやって商品を売り歩けるのもそう、リヤカーならぬトーホー工業製のサイクルトレーラーがあるからですよ。

短期間でこんな距離数を走っている車両もいないでしょうし、僭越ながら1ヶ月使ってみての感想を書いてみたいと思います。

どこに行っても「リヤカーって言うから、昔ながらのダサイやつかと思ったよ。これ、すっごいかっちょいいじゃん!」と言われるこのリヤカー、かなーり目立っているだけじゃなく機能も半端ない。
IMG_0396.jpg

ワカコ嬢が2回、私も1回リヤカーをひっくり返しましたが、驚くことに倒れる瞬間、自転車への負荷が全くかからずリヤカー部分だけ「ころんっ」と倒れるんですよ。


(※トーホー工業様より写真拝借)

自転車との接続もノブを一つまわすだけで連結出来るし、内輪差だけを上手くコントロール出来ればタイヤの転がりもスムーズなので、全く文句はありません。

今のところ、一番きつい坂道は14%だっけかな?
出発前は下り坂で押される状況を心配しておりましたが、ある程度スピードを殺しておけば自転車のブレーキのみでも問題ないことがわかりました。

ただ、搭乗者が荷物より軽い(この場合ワカコ嬢)人が急勾配で坂道発進しようとすると、リヤカー部分にサイドブレーキがない分ずるずると落ちて来てしまう場合がありますが、今のところ後ろにいるハマ坊弁慶が自転車のフロントタイヤでリヤカーを支えたりしてなんとかなっています。
IMG_0060.jpg

荷物はこんな感じで満載しているのですが、タイヤもノーパンクタイヤをつけて頂いている分、急な段差も全く怖くないし、1200キロ走っているにも関わらず、がたも全くありません。

当初難しいと感じたバックも、予想以上に小回りが利くのでUターンの要領で向きを変える方が良いこともわかりました。

オプション的な欲を言えば、セキュリティ的なパーツ(ロールカーテンみたいなものかなぁ)と雨天対策用パーツがあるとなお安心出来たかもしれません。まぁこんな乗り方、私たちしかしないだろうから、商品にするのには難しいかもしれませんがw。

日本の職人万歳なこう言った商品こそ、エコ商品として補助するべきじゃないのかねぇと内心思っていますよ。本当に。
IMG_0313.jpg

また製作を担当している荒井さんは、すげー心のある方なので突然の要望にも気軽に対応してくれます。

今回、知り合えて本当に良かったと思う方の一人ですので、商品は勿論、人間好きの方にもオススメです。変な紹介ですけどねw。


自転車でリアカーを引きながら全国一周ライブを行ってます。「UCHI-BENKEI」のはたを見かけたらお声掛けください!
posted by uhi-benkei at 09:02 | Comment(2) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとシッカリ・格好良く出来ていますね。

「機能はデザインを包括する」と言います。
機能が充実すばらしいものは、必然的にデザインも美しい...
Posted by Tropicana at 2010年06月08日 15:06
「機能はデザインを包括する」・・・なるほど。
Posted by ワカコ at 2010年06月09日 12:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。