2010年06月01日

使用レポ「SUGAR DROP」パナソニックサイクルテック

ツアー開始から丁度一ヶ月が経ち、たくさんの企業さんから支えられて開始した企画なだけに、これから徐々に使用している商品のレビューも書いて行きたいと思います。

気持ちには気持ちで応えないといけませんから、ね。

只今京都のドミトリーにいるのですが先日の移動中、ついに出発から1000キロを越えました。

__.jpg

と言う訳でレビューは、本ツアー移動の生命線とも言える電動自転車、パナソニックサイクルテックの「SUGAR DROP」について書きたいと思います。

IMG_0061.jpg

新宿→横浜→甲府→静岡→津→名古屋→岐阜→滋賀→そして今の京都となるのですが、恐らく一台につき7、80kgの重さの荷物と搭乗者を運び、舗装されていない道や沢山の段差を越えているにも関わらず、未だ一度もパンクをしておりません。電動自転車としての性能も後ほど書きますが、これって凄いことだと思いませんか?

だってこんな道や
IMG_0397.jpg

こんな峠、
IMG_0080.jpg

そして、リヤカーに至ってはこんな状況になったり
IMG_0396.jpg
してるんですぜ?

チューブやポンプやらを持ち歩いて、いつでもパンクに対応出来るようにしているのですが、全然その気配がないのは脅威。さすがとしか言いようがありません。

またロングライドにつきものの、サドルによる尻の痛みも全くありません。強いて言えば、接地面が蒸れて痒い箇所があるくらい。(笑)
これは長く乗ってれば防ぎようのない問題ですからね、書かなくても良いのかもしれませんがw。

さて、肝心のパワーアシストについて書きましょうか。

アシストモーターについての基準は、昨年モデルまでの出力比率と違って人力1に対しモーター2の割合でアシストが可能となっているらしく、笹子峠や関ヶ原などのきつい坂道では荷物が重い分、立ち漕ぎをしてはおりますが、なんだかんだ登りきることが出来ています。

これがもし人力だけで登りきることを想像すると、、、((((;゜Д゜)))ガクガク。

絶対登れません。


しかもワカコ嬢の体重は45kgに対し、荷物の方が間違いなく重たいですからね。立ち漕ぎをしながら前体重かけなければ、怖いと言うのは納得です。立ち漕ぎクイーンになるはずですよ。


アシストは使えば使うほど当然航続距離は下がりますので、今回のツアーには二台の自転車に対し計四本のバッテリーを予備として積載しています。しかし乗り方を工夫(ストップ時や下り坂は電池off)しているとは言え、一日5時間以上10時間未満の走行に耐え得る電池性能は、これまた脅威としか言いようがありません。

さすが天下のパナソニックブランド。

ただ最近では、地方に行けば行くほど充電させてくれるスポットの確保が難しいこともわかってきたので、食事休憩や訪問先で細かく継ぎ足し充電をするようにしています。(以前のモデルは継ぎ足し充電をすると電池性能が落ちたようです)

欲を言えば、太陽電池に対応出来るようになったら、より無敵な乗り物になるでしょうね。

各メーカーとの乗り比べをした訳ではありませんが、2010年モデルの電動自転車をここまでハードに乗っている感想として(笑)、パワーサポートと言う観点だけでなく自転車としての耐久性においても間違いなく、Sクラスの堅牢さを誇るのではないかと思います。

本当にオススメです。

IMG_0558.jpg

自転車でリアカーを引きながら全国一周ライブを行ってます。「UCHI-BENKEI」のはたを見かけたらお声掛けください!
posted by uhi-benkei at 10:18 | Comment(1) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
重要な記事ですね、これ。
じゃぁ私も勢い余って(笑)。

パナソニックのチューブは個人的に最高だと思っています。
あらゆるメーカーのチューブを使用しましたが、耐久性は抜群に良いです。
パンクは80%は「運」ですが、その運さえも引き寄せる感じです。
今は予備も含め、常にパナソニック製R-AIRを使用しています。

タイヤもパナソニック製ですか?
タイヤは、そこそこデス...(ウソは書けません)
Posted by Tropicana at 2010年06月01日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。